TMS2015|LEXUS

LEXUSは、第44回東京モーターショー2015に、新型プレミアムクロスオーバー「RX」、高性能スポーツセダン「GS F」、そして「GS」のマイナーチェンジモデルを日本初公開した。また、世界初公開となる新しいコンセプトカーを出展

DSC_4557_00029

LEXUSは、10月28日(水)から11月8日(日)までの12日間*1、東京ビッグサイトで開催の第44回東京モーターショー2015において、将来のLEXUSフラッグシップカーをイメージしたコンセプトカー「LEXUS LF-FC」を発表した。

LEXUS LF-FCは、未来社会のお客様の指向を想定したセダンベースのコンセプトカーである。圧倒的な存在感あるデザイン、先進技術の搭載、そして来るべき水素社会を見据え、パワートレーンにはLEXUSで初めて燃料電池技術を採用するなど、LEXUSのNew Chapterに続く新たな章の幕開けを予感させるものである。

LEXUSは、2012年にフルモデルチェンジしたGSを契機にNew Chapterへ踏み出し、スピンドルグリルに代表される、革新的かつオリジナリティの高いデザイン、エモーショナルな走り、そして先進的な環境・安全技術を採用し、従来の高級とは異なる価値観を追求してきた。今後も常に最新の先端技術を採り入れて、ブランドの根幹にある、お客様の期待を超える驚きと感動の提供を推進していく。