新型Audi RS Q3発売

RSQ3_exterior_large.jpg RSQ3_interior_large.jpg

・ Qシリーズ初のRSモデル。コンパクトSUV クラスNo.1のパフォーマンス
・ 310ps/420Nmを発揮する2.5リッター直噴ターボエンジンを搭載
・ quattroをはじめ、シャシーにはRSモデル専用のスポーツサスペンションやブレーキを採用

アウディ ジャパンは、プレミアムコンパクトSUVの Audi Q3 にQシリーズ初のRSモデル、Audi RS
Q3を設定し、2014年3月18日より全国の正規ディーラー(109店舗、現時点)を通じて発売する。

RSモデルはアウディのスポーツモデルの開発生産部門である 100% 出資子会社quattro GmbH(クワトロ
ゲーエムベーハー)が手がける究極の高性能プレミアムスポーツモデルのシリーズ。ルマン24時間耐久レースをはじめとするアウディの長年に渡るモータースポーツへの挑戦のなかで培われた、走りのスピリットを余すことなく受け継いでいる。

エクステリアでは、マットアルミニウムのフレームとハニカムメッシュを組み合わせたシングルフレームグリルや、大型のエアインテーク、専用デザインのリヤスポイラーやリヤバンパー、マットアルミニウムスタイルのルーフレールやミラーカバーが上質さを演出します。リヤディフューザーインサートとオーバル形状の大口径のスポーツエグゾーストが、よりダイナミックで力強さを強調している。

インテリアにはRSロゴのエンボス加工が施されたスポーツシート、フラットボトム仕様のステアリングホイールを採用。また特別デザインのインストルメントパネル、さらには、MMI
3G+やBOSEサラウンドサウンドシステムなども標準装備しています。また、APSリヤビューカメラ、リヤサイドエアバッグも標準で搭載。パノラミックガラスサンルーフや、シートにはファインナッパレザーダイヤモンドステッチングなどもオプションで用意している。

直列5気筒TFSI直噴ターボエンジンは最高出力310馬力、最大トルクは420Nmを発生する。これに7速Sトロニックトランスミッションとquattro
(クワトロ:フルタイム4WDシステム)を組み合わせることにより、あらゆる路面状況においてもこの大パワーを余すことなく確実に路面へ伝達し、優れた高速安定性と操縦安定性を実現している。また環境性能も高められており、これほどの高出力を誇りながら、燃費は11.5km/リッター(JC08モード)を達成している。

足下には5ツインスポークのVデザイン20インチアルミホイールと255/35R20サイズのタイヤを標準装備。さらにスポーク部がマットブラックになった、5アームローターデザイン・マットブラック20インチホイールを選択することも可能。また最新のセーフティ装備として、クルーズコントロール、アウディサイドアシスト、アクティブレーンアシストがセットになったアシスタンスパッケージをオプション設定している。またこのアシスタンスパッケージはQ3
2.0 TFSI quattro 170PS / 211PSにもオプション設定が可能となる。

Audi RS Q3

①モデル:Audi RS Q3
②エンジン: 直列5気筒2.5リッターDOHC インタークーラー付ターボ
③駆動方式: quattro
④ハンドル: 右
⑤トランスミッション: 7速 Sトロニック
⑥車両本体価格(税込)*1: 6,980,000 円

*消費税5%前提価格となっており、消費税改定後の価格は異なります。