2014年ジュネーブモーターショーにて欧州向け「シビック TYPE Rコンセプト」を発表

am_cv1402001H.jpg am_cv1402002H.jpg am_cv1402005H.jpg am_cv1402006H.jpg am_cv1402009H.jpg am_cv1402010H.jpg am_cv1402011H.jpg

Hondaの英国現地法人であるホンダモーターヨーロッパ・リミテッドは、2014年3月4日に以下を発表した。

Hondaは、ジュネーブモーターショー(一般公開日:3月6日~16日)にて、次期欧州向け「シビック TYPE
R」のデザインの方向性を示すコンセプトモデル「シビック TYPE Rコンセプト」を発表した。

シビック TYPE Rコンセプトは、「歴代最高のシビック TYPE
R」を目指し、レーシングカーのような高い走行性能を発揮するための機能を、エクステリアデザインの各所に表現している。ダウンフォースを高めてドラッグ(空気抵抗)を減らすフロントバンパーやLEDコンビネーションランプ内蔵のリアスポイラーなどを採用。これらのデザインにはドイツ・ニュルブルクリンクサーキットにおける開発テストの結果が反映されている。
また、赤い縁取りが施された20インチホイールやフロントスポイラー、赤く塗られた大径ブレーキキャリパーなど、操る喜びを強く想起させるようなデザインを随所に採用している。

次期欧州向けシビック TYPE Rは、走りと燃費性能を高次元で両立させる新世代パワートレイン技術群「EARTH DREAMS
TECHNOLOGY(アース・ドリームス・テクノロジー)」の一つとして、280馬力以上の最高出力を目指して開発中の「2.0L直噴ガソリンターボエンジン」を搭載し、加速性能、ハンドリング、燃費性能を高次元で両立したモデルとして、2015年に欧州での発売を予定している。

これにあわせて、現在開発に使用されている次期欧州向けシビック TYPE
Rのテスト車や、2014年FIA世界ツーリングカー選手権に参戦する「Honda Civic WTCC」の2014年型マシンも展示している。