アンディ・ウォーホルが自らペイントしたBMWアート・カーが六本木ヒルズにおいて 東京初公開

P0013768.JPG P0013767.JPG P0013766.JPG

BMWが展開するSTART BMWキャンペーン開始を記念し、キャンペーン・サイトからの応募で100名にチケット・プレゼント。
BMW Japan公式Facebookからの応募で100名にチケット・プレゼント。

2014年2月1日から森美術館で開催される「アンディ・ウォーホル展:
永遠の15分」の開催に合わせ、アンディ・ウォーホルが自ら絵筆を取り、自分ひとりの手でペインティングを施したBMW M1 Group 4
Racing Versionが、制作風景を記録した貴重な映像と共に六本木ヒルズ森タワー52階センターアトリウムに、東京で初めて公開される。アンディ・ウォーホルが手掛けたBMW
M1 Group 4 Racing Versionは、撮影が可能である。

BMWアート・カーのコレクションは、1975年にアメリカの彫刻家であるアレクサンダー・カルダーが、美術競売人でレーシング・ドライバーでもあった友人のエルベ・ポーランのためにBMW
3.0 CSLをペイントしたことからスタートした。自動車とアートを融合させたこの試みは、BMWグループが継続し現在に至っている。

BMWでは、BMW M1 Group 4 Racing Versionの公開にあたり、アンディ・ウォーホル展の入場チケットをプレゼントする。

アート・カーの展示情報
期間: 2014年2月1日(土)から2014年5月6日(火・休)まで
時間: 10:00から22:00まで(火曜日のみ10:00から17:00まで)
場所: 六本木ヒルズ森タワー52階 センターアトリウム
※ : 2月11日、4月29日、5月6日の火曜日は、22時まで。
※ : 4月19日(土)は、「六本木アートナイト2014」の開催に伴い、翌朝6時まで。
※ : いずれも入館は閉館時間の30分前まで。
※ : 会期中無休。

森美術館「アンディ・ウォーホル展: 永遠の15分」
会期: 2014年2月1日(土)から2014年5月6日(火・休)まで
会場: 六本木ヒルズ森タワー53階 森美術館