新型 Audi RS 6 Avant / RS 7 Sportback / RS 5 Cabriolet

新型 Audi RS 6 Avant / RS 7 Sportback / RS 5 Cabrioletを発表

高性能かつ高効率な究極のプレミアムスポーツ、RSモデルの新型3車種を順次発売

アウディ ジャパン株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:大喜多 寛)は、3車種の新型RSモデル「Audi RS 5 Cabriolet」「Audi RS 6 Avant」「Audi RS 7 Sportback」を本日発表。RS 6 Avant とRS 5 Cabrioletは10月8日、RS 7 Sportbackは2014年1月より、全国のAudi正規ディーラー(106店舗、現時点)を通じて販売を開始します。

RSモデルは、Audiのスポーツモデルの開発生産部門である100%出資子会社「quattro GmbH (クワトロ ゲーエムベーハー)」が手がける究極の高性能プレミアムスポーツであり、ブランドの3要素「スポーティ」「洗練」「革新」を高いレベルで実現しているモデルです。世界一過酷な「ルマン24時間耐久レース」を今年までに12回制した経験、高性能エンジンやフルタイム4輪駆動quattro(クワトロ)システムなど先進技術を受け継ぎ、圧倒的なパフォーマンスと環境性能を両立しています。

新型Audi RS 6 Avantは、卓越した走行性能とAvant(ステーションワゴンタイプ)ならではの高い実用性をあわせ持つ、日常で使えるスポーツカーです。最高出力560PS、最大トルク700Nmを発揮するV8 4.0 TFSIツインターボエンジンを搭載。従来モデル比100Kgの軽量化により、0-100km/h加速はわずか3.9秒。その一方でJC08モード燃費は10.4km/lを実現しています。

新型Audi RS 7 Sportbackは、美しい5ドアクーペのフォルムとハイパフォーマンスが共存するモデルです。標準装備の専用21インチアルミホイールが、より一層エレガントさを引き立てます。RS 6 Avantと同様のV8 4.0 TFSIツインターボエンジンを採用。同じく0-100km/h加速は3.9秒、JC08モード燃費は10.4km/lを実現しています。

いずれのV8ツインターボエンジンにも、一定の走行条件において、8気筒のうち4気筒を休止させるシリンダーオンデマンドシステムと、スタート ストップシステムのほか、エネルギー回生システム、軽量ボディ構造を採用することで、高性能かつ高効率を実現しています。

新型Audi RS 5 Cabrioletには、最高出力450PS、最大トルク430Nmを発揮するV8 4.2 FSI エンジンを搭載、高回転型自然吸気エンジンが胸のすく加速を実現します。RS専用チューニングが施されたスポーツサスペンションや後輪左右の駆動力を路面状況に応じて変化させるスポーツディファレンシャルによって俊敏なハンドリング性能を実現。4色の設定のエレガントな軽量ソフトトップが特徴です。

画像
画像

モデル: RS 6 Avant
エンジン: V8インタークーラー付ツインターボ4.0リッター
駆動方式: quattro
ハンドル: 右/左
トランスミッション: 8速ティプトロニック
全国希望小売価格(税込): 15,200,000円
発売タイミング: 10月8日

画像
画像

モデル: RS 7 Sportback
エンジン: V8インタークーラー付ツインターボ4.0リッター
駆動方式: quattro
ハンドル: 右/左
トランスミッション: 8速ティプトロニック
全国希望小売価格(税込): 15,700,000円
発売タイミング: 2014年1月

画像
画像

モデル: RS 5 Cabriolet
エンジン: V8 自然吸気4.2リッター
駆動方式: quattro
ハンドル: 右/左
トランスミッション: 7速Sトロニック
全国希望小売価格(税込): 13,870,000円
発売タイミング: 10月8日